2011.09.27 Tuesday
Movie / comments(0)
灯台が好きです。こんな感じ↑のを昔、小学生用夏休みの自由工作キットで買って作って持ってたんですが…ずいぶん前に捨ててしまったなあ。今なら自分で作れたりするかな。
灯台、実際に行ったことがあるのは、小学生の頃に千葉の方の灯台を外から見た1回きりな気がしますが、その佇まいから灯台にまつわる様々なエピソードまで何故だか心をつかんで離してくれません。特に竹下文子さんの黒ねこサンゴロウシリーズの「霧の灯台」がえらい切ないお話なんですが大好きで。本物、観に行きたいな。

さて、ずいぶんとご無沙汰してしまいましたが、4月の佐世保での展示では見て下さった皆様、どうもありがとうございました。お世話になった方々も本当にありがとうございました。ちょっと潜ってる間に身の回りでゴタゴタがあったりなんだりで、6月に一人暮らしをはじめて今はだいぶ落ち着いてきたところです。ただ、このブログを続けようか迷っていまして、もしかしたらきまぐれに投稿するかもしれないし、しないかもしれないし、とりあえずは残しておこうと思うんですが、解析を見てみるとありがたいことに見に来て下さってる方がいらっしゃるので、念のため、更新は滅多にしないと思われますとお知らせさせていただきます。足を運んで下さってた方ごめんなさい

そう言えば、最近観た映画がとっても良かったのでここでちらりと布教をば。
名前と簡単な内容とリンクも貼っておきます。上映館が少ないですが、どちらもぜったい観て損はしないので観れる機会がある方はぜひ!

人生、ここにあり!http://jinsei-koko.com/
--1978年に制定されたバザーリア法により、「精神病院」を次々と閉鎖し、より開放的で地域に根ざした治療を目指し始めた1983年のイタリアで、その熱血さが祟り労働組合を追い出されたネッロ。異動先は元患者達による協同組合。彼等は無気力に慈善活動をして過ごすばかりで、ネッロはなんとか仕事をして稼ぐ素晴らしさを彼等に伝えようとします。寄木貼りに活路を見いだしたものの、果たして個性豊かで会議もままならない彼等の行く末は…。

おじいさんと草原の小学校http://84-guinness.com/
--小学校無償化スタートを宣言した2003年のケニア。入学希望者が受付へ殺到する中、84歳の老人マルゲも杖を片手に4キロの道のりを歩いて小学校へ向かいます。「老人は受け入れられない」と何度追い返されても、それでも何度も何度も足を運び続けるマルゲ。それは政府から届いた1通の手紙を自分の力で読みたいと言う想いからでした。植民地時代の傷跡や部族主義が色濃く残るケニアでの“最高齢小学生”のお話。
2009.11.05 Thursday
Movie / comments(2)
 あれ、いつ観に行ったんだか忘れちゃった…んですが、つい先日
幸せはシャンソニア劇場から」と、昨日は「カムイ外伝」を観てきました。
続きを読む >>
2009.09.02 Wednesday
Movie / comments(2)
昨日は映画の日でしたね。
そろそろ波がひいたのではないかと言う事で、下の弟をお供に勇み張り切って新宿はバルト9までサマーウォーズをみに行ってきました!
…と言えたらとてもよかったんですが、残念ながら私の読みは完璧に外れて、狙っていた時間帯の回が満席。じゃあその次の回ならと思ったのにやっぱり満席。うぅ、せっかく来たのに…と沈んで結局、ここまで来て何も見ずに帰るのも言う事でホッタラケの島をみてきました。でもこれがけっこう当たり。お話の内容も子供向けだと侮るなかれ、しんみりかつ温かくて物の大切さが伝わってくるし、映像もアイディアが効いてて完成度高いし、なによりテオとコットンがとんでも可愛くってあれはいかんと思いました。しかしもうね、お母さんネタはやめて欲しいね。重ねちゃうから。とりあえず、鏡の回想シーンで、隣に座ってた女の子と同じくらい泣いてました 。私はこれ好きです。

そしてレディースデーの今日こそは!と言う事で、今度は池袋のHUMAXに行き先変更してサマーウォーズをみに行ってきました。
すごい、すごいよこれ!ああもう色々良いたいことあるけどなんていうかもう絶対見た方がいいよ!!としか言えない!興奮してうっかりネタバレする確率高し。あーでもなんだろ、こーゆー作品を作ってみたい!と言う衝動に激しく駆られました。こりゃもうDVD出たらソッコーでゲットするっきゃない。早く出ないかな。
いやもう本当にご馳走様でした監督!

……最後に一言言わせてもらうなら、
カズマの声はやっぱり男の子に頼んだ方がよかったと思う!!!

2009.08.08 Saturday
Movie / comments(2)
あ、そうだ!今日って金曜日だ!
と言う事で、昨日はシネスイッチまで「人生に乾杯!」 を観に行ってきました。
もうおじいちゃん達が強盗しちゃうお話って聞いた時からどきどきして、そして予告見てからはかなりわくわくして公開を楽しみにしていたのだけど、これお話もそうだし主役の2人がとっても素敵でおすすめです!
実はちょっと悲しい過去を抱えているこの2人の強盗騒ぎが実に愉快で微笑ましくて、最後はかなり衝撃的だったけど、終わった後も思わずくすっと笑いがこぼれてしまうそんな映画でした。
と言うか、年金問題が何かと囁かれているのは日本だけじゃないんですね〜。このままだとそのうちこの映画みたいに日本でも、おじいちゃんおばあちゃんによるデモが起きたりするんじゃなかろうか…。とか。実はけっこうメッセージ性強い作品なのかも…?
そう言えばヘディ役の女優さんて、ハンガリーじゃかなり有名な方なんですね。いやもう彼女が可愛らしくって素敵だったんですよ。こんなおばあちゃんになりたいなぁ。

そして9月公開の「幸せはシャンソニア劇場から」の前売りを買ってきてしまいました…。
だってだってペピノが!ペピノがアコーディオン惹いてるんだもん!!
コーラスからもう何年経つんだろう。マクサンスくんすっかり大きくなったなぁ。
ううぅ、早くみたくってたまらないよー!
1/1PAGES